魂よ目を覚ませ

あなたは魂の存在を信じられますか?
魂と言う言葉は様々な場面で用いられていますね。
しかし、魂の存在を実証することはなかなか難しいことです。
「魂よ目を覚ませ」には、過酷な霊脳開発を経て様々な霊と向き合い浄霊法を開発し向上させた神霊コンサルタントの菅が、経験から知りえた霊、心、魂、神霊などについて解説し、様々な霊的現象や霊障による苦しみから解放される方法をご紹介します。
1000人以上の方に指導して効果を上げた自己浄霊法が確立するまでのプロセスを知ることで、人間の存在価値や、豊かな人生を送る方法を知ることができます。
また、魂の存在を確信することが出来るでしょう。
人間は一人で生きているのではありません。目に見えない存在に影響を受けながら生きているのです。
この魂も含めた目に見えない存在との付き合い方を知ることで人生に大きな差ができてしまいます。
是非お読みください。
1回だけでなく何度も読み返してください。
きっと新しい自分を見つけることができます。
きっと人生も好転します。

■こんな方におすすめです

  • 神霊に興味があり知識を得たい方
  • 心霊現象でお困りの方
  • ご商売がうまくいかなくて悩んでいる方
  • 人間関係で悩んでいる方
  • 人生をよりよくしたいと思っている方
■目 次

1章 魂への旅立ち                   
   不思議な体験                 
    霊能開発                    
   守護神の修行                  
   守護神と魂の交代                
   高級神霊エネルギー                              
        
2章 心の道場                    
   心の道場                    
   安心立命                    
   心も体も健康に                 
   人間にとって一番大切なことを(神人合一)    
3章 病気                      
   人間はなぜ病気になるのか            
   病気にならないために                 
   ○ 心のあり方によって発生する病気      
   ○ 霊障によって発生する病気         
   ○ 宇宙エネルギー障害によって発生する病気  
   ○ 生体エネルギーの乱れによって発生する病気 
4章 霊障                      
   霊とは                     
   人霊の分類                   
   霊と人間の関わり方               
   霊媒体質・霊媒心質               
   生き霊(念障害)                
5章 心                        
   心とは                      
   顕在意識と潜在意識                
   宇宙意識                     
   幽体                       
   心は夢を叶える                  
   心は霊との交流の場                
   心と魂                      
6章 魂                    
   魂の存在                     
   魂の霊挌                     
   魂の働き                     
7章 守護霊・守護神              
   守護霊                      
   守護神                      
8章 霊界の仕組み                   
   大霊界                      
   ○ 中幽界                  
   ○ 幽界                   
   ○ 霊界(狭い意味での霊界)         
   ○ 仏界                   
   ○ 神界                   
   地獄界と地獄霊               
   大天界と大素神              
   霊能者の感知能力             
9章 自己浄霊法             
   浄霊法(神癒)とは             
   神癒のメカニズム              
   自己浄霊法とは               
   リラックス                 
   信じるということ              
   反省の意味                 
10章 癒しの道場              
   気の道場(心癒功普及会)           
   食の道場           

Eブック「魂よ目を覚ませ」の紹介

 

 PDFファイル B5版 90頁 著者:菅 一男

霊障でお悩みの方、人生を変えたい方、生き方を摸索している方などは是非ご一読ください。きっとヒントが見つかると思います。

幸福も不幸も、健康も病気も、作り出すのは心です。
人生を作るのも心です。
そして、その心を操るのはあなたです。

《目次より》
魂への旅/心の道場/病気/霊の障り/心/魂/守護霊・守護神/霊界の仕組み/自己浄霊法/癒しの道場

発行:心の道場  代金:2,000円(税別)
心の道場の教科書(入門編)としてお読みください。

「魂よ目を覚ませ」の購入方法

購入方法は、銀行振り込みまたは、クレジットカード決済の方法があります。

 クレジットカード決済で購入する。

           特定商取引に関する法律に基づく表示

 銀行振り込みで購入する。


「魂よ目を覚ませ」購入申込フォーム

 


  • PDFファイルを閲覧するには、お使いになっているパソコンにAdobe(R) Acrobat(R) Readerをインストールする必要があります。
    Adobe(R) Acrobat(R) Readerは無料でダウンロードすることが可能です。
     
    http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html
  • 特定商取引に関する法律に基づく表示

本を読まれた方々の感想

Eブック「魂よ目を覚ませ」は拙著「神癒」の原稿に加筆し、編集したものです。
 ここでは本「神癒」を読まれた方からお寄せいただいた感想メールの一部をご紹介します。

心の道場 菅 一男先生
      事務局 菅 京子様
先日もありがとうございました。
ご本「神癒」をさっそく読ませていただいておりますが、宇宙の真理に沿ったすばらしい内容で、さっそく母親に読ませてあげたいと思いました。
ところで、今回先生のHPとの出会いは、少し不思議なものがありました。
私は28才の頃から精神世界についていろいろと学ぶ機会が与えられ、おかげさまで神・霊・霊界や宇宙真理について自分なりにある程度理解しております。
母親のことで、実は最近、心の中で神様になにか方法がないかお知らせくださるようお願いしていたのです。
それから1週間ほどあとのこと。。。
私は70誌以上のメールマガジンを購読していますが、そのほとんどは必要な時以外は目を通さずに
削除しているのですが、ある日、なんとなく、あるホームページ紹介メールマガジンを選んで、<最近はどういうHPがあるのか見てみよう。。。。>という気になりました。
70誌も受信ホルダーに届いている中から、たまたま先生のHPのご案内が出ているものをいれて1~2誌を選んでいたのです!
そして、いつもなら上の方を少し見たらそれでやめておくところをどういうわけか下の方まで見たくなって全部のリストを見ていたのです。
これらは、すべてありがたいお導きであると感じています。
ぜひ母といっしょに広島まで伺えればと思っております。
その前に、まず母に先生のご本を読んでもらって自分自身、本気で取り組みたいかを考えてもらおうと思っています。
長くなりましたが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。



W.I 様より
早速有難う御座いました。 ○○さんと 娘の○○に渡します。
御本は全部読ませて頂きました本当に良く判り、難しい宗教の本よりもよっぽど判ります。
何よりも 結果が早く出るのが有り難いと思います。
一番判りやすいです。
私は何時も守護霊様と守護神様にお願いしながら 生活をしております。 
これからも一層前向きにそして明るくを心がけて行こうと思っております。
特別に宗教団体には入っては居りませんが、若い頃生長の家のお話は良く聞きに行ってました。 
只今は七田真先生の御本から右脳開発に取り組んでおります。
何にも未だ見えませんが、続けて行こうと頑張って居ります。
先生とご縁を頂けたことはキットご守護霊様のお陰だと感謝して居ります。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます    



N.W 様より
「神癒」 送って頂き、大変有り難く拝読させていただいております。
又、胸の上に置いて、心の浄化をお願いしております。 
こんな素晴らしい御本に巡り合えた事に感謝をしております。
書かれております内容は、全て関心の有ることばかりで、其れが、納得のいくように書かれております上に、なんと、不思議な事に、御本を痛いところに充てると、反応があるのには驚きます。
近くの○○さんにも知らせましたところ、大いに喜ばれています。
私は病気と言うほどのものは今のところありませんが、霊格向上の方向性を、今思うところです。
そういう点からも是非ご指導願いたいと思っていますので、一度機会を作って、お伺いしたいと思っています。先ずはお礼方々お願いまで。